« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

病院選びは難しい

先週の金曜日から母上が検査のため入院。ベッドが空いたらすぐということで、“昨日連絡あって今日”という慌しいものだった。が、これは症状が緊急を要するということではなく、空きベッドをなくすための病院側の都合である。金曜日に入院したものの、日曜日に至るまで、検査日程も何もわからない。先生は土日お休み。そりゃ手術前提での検査なので安静にした状態でいることにこしたことはないが、何することもなく、ベッドにいるだけで日額15000円也。患者を馬鹿にしているとしか思えない。私はアンチ○ノ門病院派なので、よけい癇に障る。さらに不便なことにこの病院にはコインランドリーがない。業者さんにお渡しして3日ほど洗濯にかかるんだそうだ。コインランドリーがあれば、見舞いがてらそこで洗濯して終わるのだが、ピストン輸送で病院から家に持ち帰り、家で洗濯したものを運んでいかねばならない。体調よければ患者自身が洗濯できるとしても、院内に設備がなければ無理なお話。。。

3年前に私が入院した国立病院は設備に関しては文句ない病院だった。前出の病院より費用も安い。ここなら私の家から至近で頻繁に通ってもそんなに負担にならない。やはり金曜日入院だったが、月曜日朝イチから検査があるのでという説明を受けてのものだった。土日は日曜日夕方に麻酔医との面談までに帰ってくればよいと、準備だけして帰宅した。(ご飯代はマイナスしてもらいました)

なぜ、あの病院にしたか…叔母上が○ノ門ご贔屓で、他の病院の悪い噂を全て鵜呑みにし、あそこ以外を否定するためである。感情の起伏激しく、自分が正しいと思い込んでいる人なので、言うこと聞かないと機嫌が悪くなり、後々面倒くさくなるので、ものぐさ母上は言うことを聞く。

病院についての風評は色々とあって、どれが正しいとかわからないが、つくづく難しく、面倒くさいものだと思う今日この頃である。結果を自身で判断する頃には手遅れだものね┐(´∇`)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文章に出るキャラクター

講義講師の最終日が無事終了。

最後の授業はコンセプトワークからデザインをしたショップツールのプレゼンテーション。他の仲間のプレゼンテーションを受けながらコメントを書かせた。まだ学生なので制約のない面白いプランとデザインが新鮮。が、コメントに大うけ。常々思ってはいたが、通常はプロの方のコピーなりを見る機会のみなので、ダイレクトにギャハハなんてことはないけれど、やっぱり出るのね。書き手のキャラクター。特に批評系には如実に出ます。今週来週と課題の評価と後期の成績付けをするのですが、ゆっくりじっくり拝読させていただきます。

ともかく、一年無事に終了。結構しんどかったけど楽しみもありの一年間でした。生徒諸君の未来に幸多かれと祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛人形でも…

節分はひっそりと豆まきをしました。何せマンションです。他の家はやってないみたいだし、1人暮らしで大声で「鬼は外~福は内~」などやっていたらやばい人だと思われかねない。

さて、節分だ、バレンタインだと言っていたらもう節句の季節じゃありませんか。ホントに一年早すぎる…余談ですが、「なぜ年を重ねるごとに一年が短く感じるか」という疑問に対する、ある学説。時間感覚=一年÷年齢だそうで、10歳の頃なら10年分のうちの1年。30歳なら30年分のうちの1年という感覚が働くからだそうで、長く生きているとそれだけ、その1年が短くなっていくというもの。これから早くなることはあっても、長くなることはないのね…orz

もとい、2月半ばは結構細切れ作業が多かったのと、昨年夏からの異常な忙しさが一段落したので、しばし虚脱状態だったため、仕事の整理と家事のあれこれが雑然ととっちらかっていて、イマイチ、気持ちの良い状態にありません。寒いのでヒーターから離れたくはないのだが、え~い!一気にやるぞ~!ということで、これより大掃除及び事務作業を開始します。ついでに雛人形を出す準備もやってしまおう。(本日は仏滅なので明日飾ります)

我が家の雛人形は非常に質素なもの。祖母に買ってもらった木目込み人形。お内裏様とお雛様オンリーです。子供の時分は友だちの家にある12段飾りなんかに憧れておりましたが、今はこのシンプルなのでよかったと思っております。12段飾りだったらしまうとこも飾る場所もありませんでした。w 年々くたびれてきてはいるけれど、とりあえずこの季節には飾ることにしています。こういうものって大人になると、モノ的にどうというより、買ってくれた人に感謝する意味合いのが深くなるのかもしれませんね。

飾ると言ってもホントに普通に出して置くだけなので、ちゃんと菱餅とか飾りなさいと、行事にうるさい天国の祖母にチェック入れられそうですがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給料の意味合い

先日ブログに記した、共働き職員の給料削減ニュース。

共働き給料削減条例案断念 「人件費対策は必要」 日田市長 国に不満も
 【大分】 日田市の大石昭忠市長は十三日、共働き職員の給料を二割削減する条例案の議会提出を断念した。総務省の「地方公務員法に触れる恐れがある」との見解を受けての判断だが、市長は会見で「人件費対策が必要だとの考えは変わらない」と強調。合併や国の三位一体改革で厳しい財政難に今後、労使双方が「市職員」としてどう対応するかが注目される。

結局条例案提出を断念というカタチになったそうだ。

人件費の削減は、ただやみくもに給与を下げたり人をリストラすることを指すのではなく、業務の見直しをした上で、必要な業務に必要な人員を配置することを前提として、能力に見合った給与支給というのが基本。年功序列で評価も何もなく、年がいったから給料を上げていくシステム自体のが問題ありなのでは。勤続年数はもちろん、評価されていいことだとは思うが、それだけが昇給の根拠になるのはおかしい。本当の意味での平等ではないから。。。

さて、「人件費対策は必要」とする日田市長。次の案はどのようなものが出てくるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと届いたプレゼント

Gデザイナーの女性からぴちょんくんストラップとケロロ軍曹のシールをいただく。ピチッとラッピングされたそれは、「某氏に渡しておきましたので受け取ってくださいね」と連絡を受けていたもの。某氏忘れること数十回(それまで何度も飲んでいるのだけれど)、その都度「あっ!また忘れた」を繰り返し、何と一年近く経過してからの受け取りとなった。彼女らしく折れや汚れないようにとの心遣いが感じられるラッピングにまず感動。微妙なヲタク趣味を覚えていてくれたのにも感謝。

私がもらって嬉しいプレゼントは、私の好みや“これ好きなんだ”と言った台詞を覚えてもらっている人に、さり気なくいただくもの。装飾品やコスメなどは相当に趣味と嗜好が強いので、自分で購入するに限る。高額なものをいただくのは、相手との関係性にもよるとは思うが、大体において負担に感じてしまい居心地が悪い気持ちに陥る。昔々開けてビックリしたプレゼントをご返却させていただいたこともある。

さて、世はバレンタイン・ウィーク。どこに行ってもバレンタイン・ギフトがズラリと並び、女性たちの熱気で売り場はごったがえしている。土日はきっとデパ地下は大混雑であろう。。。みなさんはどんなプレゼントを用意されますか?

http://gogen-allguide.com/ha/valentine.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給料の意味合い

共働き職員は給料2割削減=「住居費など節約可能」-大分県日田市

大分県日田市は7日、行財政改革の一環として、共働きや親子、兄弟で生計を共にする職員の給料をそれぞれ2割削減する条例案を27日開会の市議会定例会に提出する方針を固めた。期間は4月から大石昭忠市長の任期が切れる2007年度までの2年間。総務省は「前例は聞いたことがない」(給与能率推進室)としている。
大石市長は提案理由について「市民から職員給与が高いと指摘があった。生活が一緒であれば住居費や光熱費、養育費などが節減できる」と説明。これに対し、市職員労組は「法の下の平等に反する」として協議を拒否している。

勤労の意味って企業で言えば利益追求が基本だと思うのだけれど、そもそも給料の算定基準からがどうでもいいようなものだということなんだろうか?給与能率推進室がある国でこんなことあっていいのだろうか…役人の給料が高いとは、いずれの世でも悪し様に言われるけれど、別になんにもしないでもらっているわけじゃないと思うんですよねぇ。。。これが通るなら不動産業など親から受け継いでいて、別所得があれば給料下がっても生活できるよねぇ~って給料削られるのもアリなんでは…

オマケ:離婚したら給料アップってことになるのかしら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢字力

492766956 今週もリライト作業が納期考えなしでやってきた。いい加減嫌気も蓄積。私の作業込みで納品日だというのに、その前の作業が納品日当日というサイクルを幾度となく繰り返すこと早や1年半近く…元もとの仕事も納期ありきなので、本来はその手のもの(今日の今日中とかね)を増やしたくない。さらに言えば、ボランティアなので平日に作業時間をとられるのがとても嫌。故に平日に書いて土日にこっちが作業できるようにしろと言っているのだが、一向に修正の気配なし。がっつり平日に作業するハメになる。愚弟よ、オイラにゃ別にちゃんと仕事があるんだよ。

今回はさらに古い時代についての原稿。何といっても漢字の多さが現代と違う。名前など一発変換ででるわけもなく(有名な人は別として)一字一字を変換していかなければならない。IMEもっとお利口さんになってくれよと叫びながら通常の倍の時間をかけて作業する。そもそも学生時代から日本史とか世界史はあまり好きじゃなく、いつ寺が建立されたとか、年表見りゃいいもんをなぜに暗記するんだと思っていた私である。人間関係なんかは物語として面白ければ読むのだけど、そりゃ国語でやればいいのさ!と思っておったぞな。Σ(゚д゚)オイオイ

さてさて、分かり辛い字にはふりがなを振らねばと思えども、( )とふりがな振ってしまうと、原稿の文字数が3割増になりそうな勢い。さらに、ひらがなにしてしまうと国語的に意味が分かりにくくなる言葉も多し…( -人-).。oO(・・・・・・)音読するではなし、文字を見れば意味が推察されるであろうものはふりがななしにすることに決定(独断)。読者の皆さん、分からないと思ったら検索して調べておくれ。案外面白いエピソードなんかも見つかるやも知れぬ。

とりあえず原稿をメールで送信。ああ、PCの漢字変換は現代に即したものなのね。歴史学者の先生とか古文や漢文の学者さまたちは特殊な漢字変換ソフトでも入れているのかしらん、と思った今日年頃でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »