« 見習わなければ… | トップページ | キレイは体と心の中から »

引越し時を考える

現在のマンションに越して来て今年の7月で丸8年になる。8年前に越してきた時点で設備など結構旧式のものだったので、さらに8年分古くなっている。建具もペンキ塗りつぶしの木製引き戸など、美観的に今ひとつ。立地や広さは申し分ないし、近隣の物件より家賃も割安。館内の清掃もきちんとしてくれるのだけれど、更新を前に引っ越すか更新するか思案中。

母上が5月に腰の手術をする。愚弟はニート中のニート。家事もろくにできないので入院中はもちろん、退院後も手伝いはせねばならない。愚弟のことがなければ、こちらに越して来てもらうのだが、いわゆるニートの親は甘い。放出したいとは言えど、実際に放出することはでいないらしい。さすがに愚弟付きで引き取ることは考えられず、もう少し実家に近い場所へ転居することも視野に入れて考えたほうがいいかもしれない。

今までの中で一番長く住んでいる分、引越し荷物の処理は大変だろうなぁ…orz

ああ、悩み多き春よ。

|

« 見習わなければ… | トップページ | キレイは体と心の中から »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引越し時を考える:

« 見習わなければ… | トップページ | キレイは体と心の中から »